本文へスキップ

京都府北部地域での中核的なセンター機能の実現に向けて
(福知山市、綾部市、舞鶴市、京丹後市、宮津市、伊根町、与謝野町)

寄付のお願い

NPO法人市民後見センターふくちやまは、一人でも多くの人が安心して歳をとっていける人づくり、地域づくりの
早期実現を目指しています。


京都府北部地域での中核的なセンター機能の実現には・・・

私たちNPO法人市民後見センターふくちやまは、京都府福知山市を拠点として、京都府北部地域
(5市2町:福知山市、綾部市、舞鶴市、京丹後市、宮津市、伊根町、与謝野町)で唯一の
「成年後見制度専門の法人」として日々活動をしております。

すでに京都府北部地域は3人に一人が65歳以上で、人口にすると約9万人に達しており、
全国平均よりもかなり早い段階で高齢化の地域となっています。

今後さらに高齢化を迎える地域でもあるため、少しでも早くより多くの方々に成年後見制度を理解して頂き、
制度の利用を必要とされている方々のお力になれるよう努力しております。

「後見人」という仕事は長期にわたるもので、安定的・永続的サービスを維持できる運営を
していかなければなりません。しかし、法定後見人は生活保護を受けておられる方や全くお金のない方でも
安心して制度を利用してもらうことが原則となっており、1年後にはじめて報酬支払いの金額を家庭裁判所が
決定するという仕組みになっているのです。(無償ということもあります)

この仕組みは個人が設立した団体として運営する中で、非常にネックになっているのは事実です。
一般的に言われているのは法人設立から最低でも3年はすべて持ち出しで運営する必要があるということです。
ただ、制度が変わるには時間も掛かります。しかし、それを待っている時間はないのです。

私たちの団体は法人となってまだ1年も経過しておりませんが、誰もが安心して、より安全で、
利用しやすい後見引受の実現、さらに「NPO法人市民後見センターふくちやま」が、
多くの方々の広く親しまれ、信頼されるセンターとして、京都府北部の中核的なセンター機能が果たせる
機関の実現を今後も目指していきます。

成年後見制度の普及のため、後見引受のために、皆様のご支援、ご協力、お力添えをお願いいたします。

なお、ご寄付の状況につきましては、当サイトで進捗をご報告させて頂きます。



「 市民後見センターふくちやまへのご寄付の方法 」

   
振込先:京都北都信用金庫 福知山中央支店 普通 1179441
       特定非営利活動法人 市民後見センターふくちやま
          理事長  吉田 康宏(ヨシダ ヤスヒロ)

<ご注意>この寄付金は、税法上の免税措置は受けることはできません。





NPO法人
市民後見センターふくちやま

〒620-0061
京都府福知山市荒河東町155
2号館2階

TEL/FAX 0773-24-5881
メール info@f-kouken.net